組合加入のご案内

医療生協かながわ生活協同組合の組合員になるには、一口500円の出資で、誰でも加入できます。
家族のうちどなたか1名加入されれば、家族全員が組合員と同じ様に医療生協の活動に参加できます。また、組合員になられると、組合員手帳・出資金積立通帳をお渡しします。
医療生協かながわ生活協同組合への加入は簡単です。加入申込書に出資金をそえて、最寄の事業所・支部などにお渡しください。

組合員になると

  • 病院、診療所、介護保険に関わるサービスなどが利用できます。
  • 健康診断、予防接種などを組合員料金で利用できます。
  • 組合員が3人以上集まって班を作ることができます。
  • 組合員の支え合いで機関誌「医療生協かながわ」が自宅に配布され、健康づくりや暮らしに役立つ情報が届きます。
  • 組合員同士の健康づくり、助け合い、支え合いの取り組みに参加できます。
  • 総代会、支部、班を通じて生協の運営に参加できます。

地域まるごと健康づくり

組合員になると、年に1回の健康診断は、項目を増やして組合員料金で受けることができます。※自治体により違います。医療・介護のページに記載のある、お近くの病院・診療所でご確認ください。
日頃の健康チェック(血圧、尿、塩分、体脂肪、筋肉量、乳がん、便潜血など)や、健康づくり講座、インストラクタ―養成講座などを受けることができます。
生活習慣のきっかけとなる「まちかど健康チェック」や、誰でも気軽に参加できる「健康チャレンジ」を地域に広げて、医師や看護師など専門家と一緒に健康づくりを進めています。

地域まるごと健康づくり
インフルエンザ予防接種(成人通常価格4,800円)
成人 2,400円
1歳~12歳(2回法の接種) 1回/2,400円
65歳以上の横浜在住かつ組合員 2,000円

※横浜市の場合、区役所で、「高齢者インフルエンザ予防接種自己負担免除対象者確認書」を発行された方は、無料です。 ※自治体により、インフルエンザ予防接種には援助の制度があります。詳しくは、自治体にお問い合わせください。

助け合いのまちづくり

助け合いのまちづくり

多世代が集える食堂や高齢者の食事会を開催して、一緒に美味しく食事をするなど、地域の居場所づくりを広げています。
医療生協かながわの機関誌と地域のニュースを組合員の助け合いで配布し、緩やかな見守り活動として、神奈川県と協定を結んでいます。
震災被災地の医療介護支援、生活支援ボランティア、福島から避難している方の応援など、できる支援を継続しています。

仲間と一緒に

組合員が3人以上集まると、班が作れます。班では、自分たちで健康づくりのための学習・体操・ゲーム・歌・レクリエーションなどを計画し、定期的に活動します。
当医療生協の班では、ウォーキング、笑いヨガカラオケ、セラバンド体操、卓球、空手、手芸、手話ダンスなど、多彩な健康づくり、仲間づくりを楽しみにしながら広げています。

仲間と一緒に

組合員になるには

加入申込書にご記入の上、出資金(1口500円)を添えて、事業所または役員にお申込みください。加入時の出資金は10口以上をお願いしていますが、積み立てていただく場合は、2口 1,000円から受け付けています。
加入申込書は、お近くの病院・診療所などの窓口にあります。ご希望の方には、郵送でもお送りします。
加入された方には、後ほど「組合員証」と「組合員のしおり」をお送りします。加入についてのお問い合わせは、電話でお気軽にお問い合わせください。

045-862-9244

加入申込書のダウンロードする 事業所の所在地を確認する
組合員になるには

出資金について

出資金はどう使われるの?

元々、医療生協は「私たちの病院がほしい」「健康で長生きしたい」という思いから生まれました。
そんな思いをもった人たちが組合員として知恵とお金を持ち寄り、小さな診療所から作ってきた歴史があります。
出資金は、医療生協を運営していく「元手」です。この出資金が病院や診療所などの施設や医療機器の充実、組合員の地域活動を支えます。
出資金は寄付や会費ではありません。増資は随時受け付けています。
減資や脱退のときは、生協の規定に基づいて出資金をお返しいたします。

出資金のしくみ